鳥類園(葛西臨海公園)カブツーリング・東京

葛西臨海公園にまだいます(笑)

クリスタルビューを後にして、

今回は「鳥類園」を歩きます。(同じ日だけど・・・)

「鳥類園」は「ウォチングセンター」を中心に、上の池(淡水池)、下の池(汽水池)があります。

池の周りの遊歩道には各ポイントごとに観察舎を設けて、野鳥の観察ができるようになってます。

まずは、

「ウォチングセンター」に到着。

この建物が凄い!

無骨な鉄柱を大胆に組み合わせた吹き抜けの天井、

レトロ、モダン、そしてある種廃墟的な独特な雰囲気を醸し出す空間。

その内部に上からの光が一階のホールまで届き、

横の360°開放されているドーナツ型の野鳥観察ステージへは、

緑の風が吹き抜けていく。

野鳥観察のセンターなので、

資料室や

望遠鏡も設置されてます。

海風の影響か鉄の部分は錆びが目立つところも多いです。

池の周りの道を歩いてみます。

しばらく行くとこんなモノが・・・

覗いちゃお~(笑)

しばらく行くと、

こんなモノが、

フムフム・・・

城跡のような石垣に囲われた道を行くと

ところどころにある小さな窓がくり抜かれた木の塀。忍者屋敷か( ´∀`)

ここでは野鳥が主役ですから、そっと覗かせてもらいます。

下の池(汽水池)の方をぐるっとまわります。

観察窓

先っぽまで来ました。

さすが葛西、向こう側に夢の国がみえます!

水門を過ぎて

観察窓

ちょっと脇道に入ると

観察舎

中に入って、シー、お静かに、

覗くと、池がみれます・・・

というか野鳥が観察できます。

いやー、歩いた、歩いた!

あの観覧車の向こうが駐車場だ。

さぁ、カブに乗って帰ろう(笑)