Hondaウエルカムプラザ青山 見学レビュー カブツーリング・東京

今、ホンダのウエルカムプラザ青山へ行くと、

江口寿史さんのスーパーカブオリジナルステッカーがもらえるという話を聞いたので

早速行って来ました。

青山一丁目の交差点、Honda本社ビル1階のショールームです。

カブプロを横の駐車場に停めさせて頂き

中へ入って、すぐ左手に

おっ、と思いましたが、

まずはお目当てのコチラ、

はーい、(^O^)/と真っ直ぐカウンターへ

ゲットしました(笑)

ついでにカタログも、もらっちゃいました。

それでは、さっきのバイク達、特に手前3台をゆっくり見てみましょう。

モーターサイクルショーで既に見てるので初見ではないのですが、

こんなゆったり見るのは初めてで、もちろん跨ったりとかもOKです。

まずは新型になって大きく成長したモンキー125

自分は以前、Fiモンキーを88ccにボアアップして乗ってましたが、

こちらは初めから125ccなんですね。

しかも、

倒立フォーク、ABS(タイプ設定)

ダブルディスク、と既に装備されていて、

すぐにあっちこっち安心して走りまわれそうです。

自分のモンキーはちょっと走るだけで大冒険でしたから(^-^;

その分育てる楽しみがあったとも思いますが…

次が新型クロスカブ。

こちらは旧型(JA10)が大柄なイメージでしたが

かなりぎゅっと圧縮されたように感じます。

又デザイン的にもレッグシールドが初めからなくて、

よりCT110に近いイメージになったように思います。(アップマフラーではないですが)

CT110も以前所有してまして、あんなカッコイイバイクは無いですよね。

で、今はカブプロをそのイメージに近づけたいと思ってます。)

おっ、メーターにカムフラージュ柄が入っている(新発見!)

今回の新型で定番のイエローとレッドに加えてカムフラージュグリーンが加わったのは大正解ですよね。

やはり、イメージはアウトドアかミリタリー、カブのヘビーデューティのイメージを貫いてもらいたいです。

色は個人的にはサンドベージュとかもあるとイイなぁ(笑)

コレ用のアクセサリーパーツがカブプロに流用できないかなぁ~(と、カタログをみて妄想中)

そして原付二種、最後の展示バイクは、

最近発売が発表になった、

スーパーカブ C125

コレはカッコイイ、しかも、

アルミキャストホイール、ディスクブレーキ、スマートキーと今までのカブでは考えられない豪華装備。

(なぜ今まで国内版でキャストホイールが出なかったのかも不思議ですが)

*2018年の12月に試乗しました。その時の様子はこちら「Honda スーパーカブ C125」をご覧ください。

昔のデザインを今の技術で再現とか、魅力的なコンセプトモデルはよく出ますが、

(数年前にグロム50としてレトロなスクランブラーがモーターショーに出展されて気になっていたのですが、

そちらは発売に至らなかったので)

まさか、本当に発売になるとは思いませんでした。

やっぱり、ホンダの原付二種は楽しいです。

他に気になったのは

レブル250

単気筒なんですね!

250のアメリカンというのは面白いです。

500とのダブルラインナップで幅広い層にアピール出来ますね。

S660

このクラスのオープンカーは車とバイクの中間的な乗り物として

ちょっと興味があります。

どうやら自分はバイクでもクルマでも小さいのが好きみたいです。

他にもいろいろ間近で観れます。

ここは「カフェカブミーティング」でも有名な場所ですよね。

実は自分はまだ一度も参加した事がないのですが、

今年はなんとか都合を付けて参加したいです。

*という事で初参加しました。

その時の様子は「カフェカブミーティングin青山2018(初参加)」を、

翌年の2019年は「カフェカブミーティングin青山2019」をご覧いただけると嬉しいです。

 



0