テールライト・ソケットの交換 カブメンテナンス

自分のスーパーカブ110プロ(JA07)、走行距離が約4万キロなのですが、最近、テールランプがチカチカして、たまに消えてしまう事がありました。

そんな時は、昭和のテレビのように軽く叩いたりすると、又点いたりするのですが(笑)、そんな不安定な状態で、夜間やトンネルの内を走行するのは、とても危険なので、ちゃんと直す事にしました。

赤いテールランプのカバーの下にある2つのプラスビスをとれば、カバーは簡単に外せます。

この状態で電球を動かしてみると、かなりの幅で上下してしまいました。

点灯した状態でやってみると、点いたり消えたりするので、原因は電球を支えている部分だろうという事で、

ソケットの交換をする事にしました。

ホンダの純正部品を馴染みのバイク屋さんから購入(税込み734円)

赤いカバーを外した状態に戻って、

電球を引っ張って抜き取ります。

通常の球切れなどの電球交換でしたら、新しい電球を差し込んで赤いカバーを付ければ完了ですが、

今回は、電球が刺さっていた真ん中の黒いソケットの交換なので、さらに分解していきます。

リアウインカー(+)とそのベースの部分のネジ(六角)を左右各2ヶ所ずつ(計4ヶ所)を外します。

次にそのカバーを両サイドにカパーっと、取り外します。多少弾力性があるので、グイってやったら取れました。

ウインカーは固定のネジさえ外しておけば、コードはつなげたままで大丈夫でした。

両サイドのカバーを外すと、グレーの反射板を支えているボルト、上に1か所と下左右2ヶ所のナットを緩めてカラーと一緒に外します。

ゆっくり台座部分から引き抜いたら、

45°程回すようにして、ソケットを反射板から外します。

さらに、ソケットに刺さっている本体からの配線コネクターを丁寧に外します。

自分は隙間に小さなマイナスドライバーを入れて軽くこじったら、簡単になずれました。

後は外したのと逆の順番で、

新しいソケットにコネクターを差し込んで、

グレーの反射板の裏側からソケットを差し込んで回して固定させます。

一応、取り付け部分はこんな形状になっています。円のえぐれた部分にさして、回して固定ですね。

反射板は裏側から3ヶ所にカラーを入れて、ナットで固定し、

両サイドのカバーをはめ込んで、ウインカーを取り付けます。

無事点灯しました。ブレーキーランプもつきます。

電球の上下への大きな動きもないので、多分これで大丈夫だと思います。

赤いカバーを付けて完成です。