Bluto’s cafe(ブルートズ カフェ)WKRC・千葉エリア バイクツーリング

千葉県房総半島の最南端へ、

安房グリーンラインを快走し、

白浜の房総フラワーラインを進んで行くと、

カラフルなパラソルと一緒に「BLUTO’S」の看板が見えます。

Pの矢印に従って、左折すると、

すぐ右手、

白い壁の奥に、ピンクの建物が現れます。

まるで、海外の高級リゾート地に来たような感じ、気分も高まっていきます。

芝生が敷き詰められたガーデン・スペースには、

各所に配置されたオープンテラスと共に、ハンモックや、なんとブランコまであります。

潮風に吹かれながら、のんびり読書とかしたくなりますね。

エストレヤをトライアンフのストリートツインの隣に停めて、

緑に包まれたエントランスから、レストランへ入ります。

店内はアンティークなヨーロッパテイストに溢れていて、これは女子受け、間違いなしですね。

それでは、ランチをいただきましょう。

自分は人気ナンバー1と書いてある、Bランチ:ビーフグラタンカレーにしました。

この、メニューコピーに弱いんです(笑)

まずは、

オードブルサラダとスープが出てきます。大きなプレートに乗った前菜も、盛り付けが、とってもお洒落です。

メインディッシュのビーフグラタンカレー。

カレーとチーズがアツアツにライスに絡まって、とっても美味しいですよ♪

ちなみに、

Cランチのビーフシチューはこんな感じ。こちらも凛として、おいしそうです。

食後は、

手作りのシフォンケーキとアイスコーヒー。

なんとも贅沢な時間を過ごしております(笑)

トイレは、レストランを出て、

外のテラス席を挟んだ隣の宿泊施設の入り口から入ります。

入ってすぐのホールの右手奥には、

オートバイレース用の革つなぎやトロフィがギッシリ飾られています。

そちらを右手に見ながらさらに奥へ進むと、

お馴染みのマークが見えます。

ドアを開けると、

ここは、何!、ドカティの部屋?、広い室内にバイクが停まってます、ビックリです!

実はこちらのオーナーさんの甥っ子さんはMOTOGPライダーの中山貴晶選手なんだそうです。

自分はレースの方は全然詳しくないのですが、この知識だけで、MOTOGP好きの知り合いに教えてあげたくなりました。

いや、黙って連れてきて、驚かせようかな(笑)

リッチなリゾート気分で、リーズナブルなランチを食べて、

さらにサプライズも楽しめる、BLUTO’S CAFE

南房総にツーリング来られた時には、

是非!

いや、こちらを目当てにツーリングを組むのも楽しいですね♪