ゆるキャン△を見て、ホットサンドメーカーを買ってみました。 

マンガ「ゆるキャン△」の3巻に、

リンちゃんが、長野県・陣馬形山のキャンプスぺースの上の展望台で、

ホットサンドメーカーを使って、

コンビニで買った肉まんを焼いて食べるシーンがあります。

それがとてもおいしそうだったのと、

食パン以外も焼けるという、

ホットサンドメーカーの有用性を知ったので、

ソロキャン用に1つ欲しくなりました。

調べてみると、

肉厚の素材で沢山の具材が挟める本格的な調理用のモノや、

インスタ映えするようなカワイイ焼き目が入るモノとか、

魅力的なのが、各メーカーからいろいろ出ていて、迷いましたが、

結局、もっともオーソドックスで、値段も手頃、

多分マンガで出てきたのと同じタイプと思われる、

ヨシカワの「あつあつホットサンドメーカー」にしました。

形状はあくまでシンプル。

ホットサンドの外側プレス機能や、

カワイイ焼き目はでませんが、

フラットに開くので、油を塗ったり、

パンをセットするのがラクです。

接合部分を上にして、スライドさせるだけで、

留め具の部分をはずすこと事ができるので、

フライパンとしても利用できます。

さらに洗う時にも便利!

フッ素樹脂加工もされてます。

化粧箱の裏に使用方法が描かれているので、

実際にホットサンドを作ってみました。

食パン(今回は8枚切・耳付)にバーターを塗って、ハムとチーズをのせ、

上からもう一枚のパンをのせます。

ホットサンドメーカーの内側に油をぬって、

パンを挟みます。

ストッパーをしっかり止めて、

ワンバーナーの火にかけます。

火力はホタル火(ごく弱火)で片面ずつ約1分ぐらい…

片面1分たったので、開けてみると、

ありゃー💦 火が強すぎた!

火力をぎりぎりに抑えて、もう片面に挑戦、

ちょっと早めに開けたら、

うーん、微妙(笑)

両面真っ黒になってもヤなので、

これで出してみます。

ぎり、食べれるかな💦

半分にカットすると、チーズがイイ感じで出てきました。

表と裏の焼き具合の比較、

かなり弱火にしないとダメみたいですね。

昼間のバーナーの炎はなかなか目視しずらいですが、

バーナーの音とパンの焼けた匂いで、

後は早めにフタを開けて、

焼き色を確認すればできそうです。

とりあえず、おいしくいただきました。

ホットサンドメーカーは、手軽に、いろいろ挟んで焼けるので面白そうです。

レシピ本が多数出版されてたり、YouTubeでも調理のアイデアがいろいろ出てるみたいだし、

以外と奥が深いんですね。

あっ、そうだ、

肉まんは、冬になったらやってみますね(笑)