ダイソー・メスティン(アルコールバーナー炊飯編) ソロキャングッズ・レビュー

せっかくトランギアのアルコールバーナーを買ったので、

ダイソーのメスティンでの炊飯にもチャレンジしてみたいと思います。

過去2回ほで固形燃料での炊飯はやりましたが、アルコールバーナーは初めてです。

さらに、

トランギアのアルコールバーナー(TR-B25)は、

エバニューのチタン十字ゴトク(EBY252)とともに、

キレイに、

ダイソーのメスティンに収まる事(シンデレラフィット)がわかったので、

このセットで、

炊飯を試さないわけにはいきません。

それでは、いざ!

まずは、前回同様

お米一合と水200㎖、約45分吸水させます。

アルコールバーナーに燃料用アルコールを30ml入れて、

ゴトクをバーナーにセットして、着火!

メスティンをのせて、

10分程で吹きこぼれが始まります。

しかし、今回は前回の固形燃料での炊飯の時よりもさらに激しく吹きこぼれが始まりました。

今回は缶詰を用意していなかったので、

固形燃料のゴトク用に買ったコンパクトストーブを上にのせて重しにしました。
EnHike 固形燃料ストーブ ポケットストーブ 防災 登山 料理用 折りたたみ ポケットコンロ ストーブ ボルト強化

いろいろと役に立ちます、

ちょうどイイ大きさと重さです(笑)

固形燃料でやった前回が、

とても、おいしく炊けただけに、

ちょっと心配になるくらい、

たくさんの吹きこぼれがはじまりました。

やはり、火力の差は歴然ですね。

25分程で火が消えました。

最終的に、こんなに吹きこぼれてました。

100均のステンレス・トレーを敷いておいて良かったです。

ご飯の方はタオルに包んで、

15分間蒸らして、

さぁ、どうでしょう…

おおー!

底の方にもオコゲもなく、

ふっくら、炊きたてご飯の出来上がりです。

吹きこぼれが固形燃料の時より、

かなり多かったので心配しましたが、

全然大丈夫でした。

さて、このおいしいご飯と一緒に頂く、

今回のおかずは、ポークソテーです。

前に時間をかけて「シーズニング」した、

ダイソーで200円で買った「スキレットS」、

200スキですね。

これを使って焼いていきます。

ジュージューいって、たまりませんね~

火もじっくりとおって、よく焼けます。

やはり、豚肉はご飯がすすみます(笑)

ごちそうさまでした。

 

いやー、それにしても、

シンデレラフィットした、

ダイソーの500円メスティン

トランギアのアルコールバーナー

そして、エバニューの十字ゴトクのセットで、

こんなに、おいしくご飯が炊けて、

ホント、良かったです♪

ピッタリ入るだけじゃ、

意味ないですからね(笑)







0