ダイソー・メスティンを買いました。ソロキャングッズ・レビュー

このところ100均のキャンプグッズをいろいろ試していますが、

今回はついに、6月の発売以来ずっと品薄で、なかなか手に入らないという人気商品、

メスティン(ハンドル付)」を購入したので、

そちらのレビューをしたいと思います。

メスティンとは「アルミ製のハンゴウ」の事で、

特にトランギアのモノが有名ですよね。

小説「スーパーカブ」の2巻にも出てきます。

メスティン自体は一般名称なので、

この名前で各社から出ていますが、

価格帯的には定価で1500円~2000円ぐらいです。

(トランギア製は実売の変動が激しく、

価格が高騰する場合もありますが💦)

で、そのメスティンをダイソーが500円で出したという事で評判になってます。

はい、こちらが、その話題の商品になります(笑)

サイズは約縦8㎝×横15㎝×高さ5㎝で、

ハンドル部分を入れた横の長さは25.5㎝です。

トランギアのモノと比較するとちょっと小ぶりで、

丁度トランギアの中にすっぽり入るサイズだそうです。

1合のお米を炊くことができます。

実際にやってみたいと思いますが、

その前にシーズニングをします。

まずはバリの確認です。

トランギア製はフチの部分がギザギザのままなので、

必ずヤスリをかける必要があるそうですが、

ダイソーのモノは大丈夫そうなので、

スル―します。

次は、「お米のこびり付き防止」の為の処理をします。

お米のとぎ汁で煮ちゃいます。

樹脂製の黒いカバーの付いているハンドルを、

グイっと広げて外します。

鍋の中の「とぎ汁」に入れて、

沸騰した状態から約30分、

メスティンをグツグツ煮ます。

湯上り状態、

しっとりしたイイ感じになりました(笑)

かるく水洗いして、シーズニング完了です。

スキレットのシーズニングに比べると全然ラクです♪

次はいよいよ、ご飯を炊きます。

ご飯の炊き方」という説明書が入っていて、

・コンパクトストーブ(固形燃料)

・アルコールバーナー

・シングルバーナー使用時と

3パターンがイラスト付きで描かれてます。

自分は、一度火をつけたら、後は消えるまで何もしなくてイイという、

半自動炊飯というのをやってみたかったので、

コンパクトストーブは持ってないのですが、

先日ダイソーで買ったゴトクを使って、

固形燃料で、やってみる事にしました。

固形燃料もダイソーで25g×3個が100円

悩んだのは、固形燃料とメスティンとの距離、

ネット情報だと2㎝とか2.7㎝とかあったのですが、

固形燃料の裏面の説明には3~4㎝書かれてたので、

今回はセリアのアルミケースを台にして、

3㎝離してチャレンジしました。

お米は1合、水は200ml、

約45分吸水(取説は15~30分)しました。

得意の100均セットにいざ点火!

(ちなみに風防は500円です💦)

はい、それに500円のメスティンをのせて、

炊飯開始です(笑)

10分~15分で湯気が出て、

少しだけ吹きこぼれがありました。

約25分で火が消えたようなので、

ワークマンの革手袋をして、

フタを押さえて、ひっくり返し、

タオルにくるんで、15分間蒸らします。

その間にレトルトのカレーを温めます。

さて、いよいよです。

ジャーン!

おっ、けっこう良さげ。

底の方に若干のオコゲがあって、

気持ちカタい部分もありますが、

おおむね良好に炊くこと事ができました。

カレーをかけて、いただきまーす。

うん、おいしい♪

 

追記:気持ちカタい部分が気になったので、

コンパクト(ポケット)ストーブを用意して、

再度チャレンジしてみました。

その様子は「ダイソー・メスティン ポケットストーブ炊飯編」をご覧ください。







0