アルファ インダストリーズ ブーツ AFB-20021 レビュー

スーパーカブの場合はシフトチェンジが踏み込み式のロータリーなので、

普段の靴で乗っても特に問題はないのですが、

エストレヤを買って、いわゆる普通のオートバイのシフトチェンジは、

2速以降は左つま先でかき上げていくので、どうしてもその部分が傷んでしまいます。

つま先を覆うカバーのようなモノもあるのですが、それはそれで面倒だし、前に履いていた知り合いから買ったバイク用のブーツはデザインがイマイチなので、今回思い切って購入する事にしました。(もちろん、安全面も考えて)

たまたま2輪館で使える商品券があったので、近くのお店にある商品で、カッコよくて、丈夫そうなモノはないかな、という感じで見に行きました。

で、選んだのがコレです。

ALPHA INDUSTRIES のブーツ AFB-20021 ブラック です。

同社はアメリカ空軍のフライトジャケットMA-1が有名で,

自分も何年も前にアメ横の「中田商店」で買ったMA-1をいまだに愛用してます。

多分年間を通じて一番着る機会の多いジャケットじゃないかなと思います。

ちなみに冬は地元の古着屋で買ったN-3Bを着てカブに乗ってます。

余談ですが去年の12月に「百里基地の航空祭」や今年の1月の「第1空挺団 降下訓練始め」へ行った時は、

見学の皆さんでN-3Bを着てる人がとても多かったです(笑)

そんなミリタリーテイストのブランドイメージの影響もあり、デザインもカッコ良く、ゴツくて丈夫そうだったのが購入理由です。

シフトチェンジの補強の革が左右両方についているのはデザイン的なものでしょうか。

でも、ちょっと前のロイヤルエンフィールドみたいにシフトが逆のバイクもありますしね。

足のつま先を保護するスチールトゥキャップ搭載でしっかりガード、つまりカッコイイ安全靴です。

牛本革使用の質感がいいですね。製法はこだわりのグッドイヤーウエルト製法。

かかとの部分も補強の革が縫い付けられていてしっかりガード。

ALPHAのロゴマークの刻印入り。

ゴツくてダートでも、しっかりグリップできそうなワイルドなソール!

ファスナーの引き手を保護する革のカバーがついています。

脱ぐときはベルクロ固定の革カバーを剥がしてファスナーを下します。

ファスナーが内側についているので着脱しやすいです。

マスツーリングだと食事の時、意外と座敷に通されるケースが多いので、ファスナー付は有り難いです。

サイズは普段履いている靴のサイズと同じで大丈夫でした。

ヒールの高さが3.5㎝で若干厚底なのと、つま先が丸っこいので上手くシフトアップができるか不安でしたが、

SSTR2019のツーリングで3日間使用しましたが、なんの問題もなくできました。

いや、むしろ快適にシフトチェンジできました。

まだ、履き込んでいないので、バイクから降りて歩く時は若干のゴワゴワ感はありますが、

革なので多分徐々に慣れていくと思います。

エストレヤみたいなお洒落なバイクに乗るのだから、

多少服装にも気を使わないと💦

そんな訳で、まずは足元から、

ミリタリーテイスト満載ですが(笑)