トランギア・アルコールバーナーを買いました。ソロキャングッズ・レビュー

ちゃんとしたアルコールバーナーが欲しくて、

トランギアアルコールバーナーTR-B25   を購入しました。

トランギアはアルミのハンゴウ、メスティンが有名ですが、

アルコールバーナーも半世紀以上のロングセラーで、

公式サイトによれば、特別仕様が、スウェーデン軍の備品として採用されたりしてます。

本品はヨーロッパ感あふれる化粧箱の中に、

文字がビッシリ書かれた、

黄色いビニールの袋に包まれて到着します。

この袋に日本語での取り扱い説明も印刷されていて、なんか洒落てます。

本体は真鍮製で存在感があります。

裏(底)にはTのイニシャルの刻印で本物をアピール。

3つのパーツで構成されてます。

まずはタンク

真中にアルコールを入れます。

タンク内のアルコールが温められると、

気化して外周の穴から炎が出てきます。

次にねじ込み式のフタで、

内側にゴムのOリングが付いてます。

Oリングはスペアーの別売りもあります。

最後に消火用&火力調整用フタ

弱火にしたい時にスライドさせて調整して、

タンクにかぶせます。

以上が本体ですが、

これだけでは使えなくて、

使用するには、別途ゴトクが必要になります。

自分は、エバニューALストーブ用チタンゴトクEBY253を一緒に購入しました。

チタン製の中抜きされた2枚のプレートを、

十字に組んで使います。

エバニューアルコールストーブ専用なので、

サイズがあうか心配でしたが、

結果はバッチリあいました。

でも、火力調整フタは使えなくなりますね。

しかし、このコンパクトさと、

本体とのバランスの良さ

チタンの質感はとても気に入りました。

それでは、いよいよ、

タンクに燃料用アルコールをいれて、

お湯を沸かしてみたいと思います。

燃料用アルコールは薬局で手に入りますが、

ネット通販でも購入することができます。

上部から2/3の所まで入れると約100㏄

25分燃焼するそうです。

今回はアルミのパーコレーターに、

500mlを入れてテストしてみました。

点火して14分程でお湯が沸きました

その後、15分程燃焼したので、

袋メンぐらいなら余裕で作れます。

それにしても、

青く焼き色の入ったチタンのゴトク

鈍く金色に輝く真鍮バーナーの組み合わせは、

カッコイイなぁ(笑)

でも、せっかく火力調整用のフタがあるんだから、

これも使ってみたい、という事で、

ダイソーの「アルコールバーナー五徳」を合わせてみました。

これだと、2/3ぐらいはスライドできます。

鍋と火との距離は約3㎝

エバニューの方は約2㎝

取説には約2㎝位離して下さいとあるので、

こっちの方が近いです。

エスビットのポケットストーブと同サイズの代替品にも、のせてみました。

高さが殆んどギリギリ、いや、

ちょっとストーブの方が高いぐらいなので、

ゴトクとしては無理ですね。

エバニューのゴトクをのせて、

台としてなら使えそうです。

見かけがSFアニメに出てきそうな

ヘンテコなマシーン」みたいで、

ユーモラスですが(笑)

最後に、

おとぎ話を一つ

ダイソーの500円メスティンに、

トランギアのアルコールバーナーが、

綺麗にすっぽり入ります。

エバニューのゴトクを下に敷いても、

高さもピッタリで、

バーナーとゴトクが、

こんなフウにバッチリ収まります。

(右半分はご自由に)

まさにシンデレラ・フィット

見つけましたよ、お姫様、

めでたし、めでたし

と、喜んだのも束の間、

ふと、ダイソー・メスティンの化粧箱の横をみると、

サイズがほぼ一緒のエスビット製と思われるアルコールバーナーが、

キレイに収まった写真が載っているではないですか。

と、言う事で、

一気に魔法はとけてしまいましたが、

逆に、

ダイソー・メスティンは良く考えられているなぁ、

と感心してしまいました。

 

ご興味のある方は、

こちらの記事も見て頂けると嬉しいです。

・「ダイソー・メスティンを買いました

・「ダイソー・メスティン(ポケットストーブ炊飯編)」

 

 

 




エディー・バウアー オンラインストア



+1