エストレヤに旭風防 No.99ミニをつけました。

ロングツーリングを快適に走りたくて、エストレヤに風防を付けました。

選んだのは、クラシカルなエストレヤの雰囲気を更に盛り上てくれそうな旭風防のウインドシールドです。

なんといっても、モスグリーンの布のタレが特徴的で、昔のオートバイと言う感じがいいかなと思いまして。

値段が比較的リーズナブルなのも大きな決定要因です。

ロングタイプのスポーツではなく、ミニにしたのは、以前カブプロに付いていた風防が大きすぎて、強風の時に煽られた経験があったからです。

こんな感じで届きます。

旭風防 ウインドシールド [品番] No99MINI スクリーン
通常、ウインドシールドはバックミラーのネジ部分を利用して取り付けするタイプが多いかと思いますが、

こちらはハンドルのパイプに固定します。

同送の取説を見ながら、

とりあえず仮止めして、全体のバランスを見ながら、取り付けていきます。

ここまでは順調、さて、次は布製のタレをつけます。

とっ、

取説には表示されている、ナットを入れる穴がありません(汗)

慌ててネットでググったら、どうやら穴は自分で開けるみたいです。

アブナイ、アブナイ、

そういう事であれば、キリでグリグリと穴を開けて、

ナットとビスで固定するだけです。

サイドをゴムバンドでとめて、

下のヒモを結べば出来上がりです。

うん、なかなかいい感じ。

実際に走ってみると、やはり、あると、ないとでは大違いですね。

ミニなので、顔の部分はカバーしませんが、身体に風圧がかからないだけでも、だいぶ楽です。

全体のバランスも、ほど良いアクセントが付いた感じで、とても気にいってます。

ますます、走るのが楽しくなりました♪

 

旭風防 ウインドシールド [品番] No99MINI スクリーン