カブプロの「風防」をどうするか カブカスタム

さて、次は風防です。

購入時、大型の業務用の風防がついていました。

業務車両としてはまさに定番中の定番、

街中でもこちらの風防をつけた働くカブ達をよく見かけます。

自分は今まで乗ってきたバイクに風防を付けた事がなかったので、

どんなもんなのか試しにしばらくはそのままで乗る事にしました。

(購入時期が1月末で冬の真っ只中というのもありまして)

で、その感想ですが、

かなりしっかり出来ていて風を完全シャットアウト、

さらにシールド下のカバーがグリップ近くまで覆っているので、ハンドルカバーがなくてもかなり楽です。

ところが、

既に使い込んで傷だらけのこのシールドは、

雨の日や夜間は極端に視界が悪くなってしまいます。

夜に雨が降ったらほとんど何も見えません。ワイパーが欲しいです(汗)

そして、もう一つの天敵が風です。

強い防風機能が逆に災いして、風が強い日はかなり煽られてしまいます。

大きな橋を走る時には特に注意が必要です。通勤ルートの最大の難所になってしまいます。

職場の駐車場に停める時も強風の日はかなり気を使って止めたりしました。

結局冬が終わった時期に取り外して、

春・夏はそのまま乗って

2017年の秋の終わりから、

自分の使用用途にあったこちらのショートタイプの風防をつけて走ってます。

 

 

カブproの「リアボックス」をどうするかへつづく