くつかけステイ中軽井沢 カブツーリング・長野

まさかカブで軽井沢に行くとは、そして宿泊するとは誰が思ったでしょ(笑)

しかし今回のビーナスラインを中心としたツーリングで他の行きたい観光ルートと考えあわせると、

この場所に泊まるのが一番都合が良かったので、お盆休みの期間中で比較的安く泊まれる宿をネットで探しました。

そして、やっと見つけたのがこちらの宿です。

 

到着してみると、やはり上品な雰囲気にあふれた高級避暑地の宿そのもので、たじろいでしまいました。

が、意を決して中へ(汗)

 

ウディな暖かみに溢れる癒しの空間がお出迎えしてくれました。

 

まさに伝統美と現代デザインが交差、ハイセンスだけどなぜか落ち着きます。

こちらは会席と創作和食のお食事と普通お一人様20,000円以上の部屋がメインの高級な宿なのですね。

それとは別にドミトリータイプの部屋がありまして、つまり相部屋(男性10名・女性8名)

自分はもちろんこちらへ泊まります。

 

階段を上がって右手奥のプッシュキー付のドアを開けると中には、

 

10人分の二段ベットがあります。カプセルホテルのような寮のような不思議な感じです。

二段ベットのハシゴを上がると気分はトム・ソーヤ!

すだれというかブラインド・カーテンというか、そんなので仕切れるので、

閉じてしまえば一応プライバシーは守られて、ゴロゴロできます。

自分は相部屋と聞いて真っ先に気になったのはイビキ、いや、他人のではなく、自分のですが(笑)

この相部屋にはお風呂が1つ、トイレが2つ、それと洗面台が2つあります。

 

とても、綺麗で快適で、部屋の中だけでも不便は感じないのです。ちょっとしたテーブルとイスも2セットあります。

ただお風呂は一階に大きいのがあるのでそちらを利用しました。

2階の廊下スペースもちょっとしたくつろぎ空間になっていて、

 

一階のロビーと合わせて、旅の疲れを癒しながらまったりできます。

テレビや本もあります、置いてある小物もさり気なくお洒落でとてもいい感じです。

一晩ぐっすり休ませて頂きました。

翌朝、チェックアウト時(素泊り1人1泊税込5,940円)時に、宿の方もバイクを乗っていたそうで話が弾みました。

カブで来たと言ったら驚いていましたよ(^。^)

こんなちょっとした会話も楽しい旅の思い出です。

爽やかな朝、軽井沢の街へと走り始めました。