カブで信濃ツーリング2日目(ビーナスライン編)

本日は今回のメイン、

いよいよ、ビーナスラインを走るという、いわば本番!

気合を入れて走り始めます。

伊那市から伊那北、箕輪と北上し、諏訪を通って、

まずは県道40号で、霧ヶ峰高原を目指します。

しかし、いきなりの急坂、そして高い標高のセイなのか、なんなのか、とにかく登らない(汗)

はじめギヤをセカンドにしていたのがラチがあかないので、

まさかとおもいつつ、ローで引っ張て、

ウンウン唸りながらやっとなんとか上って来ました。

 

インジェクションだからと安心してましたがトンでもなかったッス…

それでも、登り切ってしまえば二速三速でなんとかつないでビーナスラインへ

標高1600~1700m、そして1959m、雲に覆われた天空の道を進みます。

 

美ヶ原高原の駐車場にも多くのバイカー達が、

そのビッグバイクが溢れる中、カブ乗りの女の子を偶然発見!

しかもJA07です。

お互い「あっ、カブだ!」と初めてあったのにこの親近感はなんでしょう(笑)

で、早速、登りの様子を聞いてみるとローギヤは使ってないとの事。

ガーン!

もしかして、エアクリが影響してるのかなと…標高2000mの高原で思案にくれる…ワタシ

そんな気持ちと共に下に降りると、夏の暑さが復活。

ビーナスラインで寒さに慌てて着た上着を脱いで、小諸方面へ。

お昼は、せっかく長野に来たので(笑)

お蕎麦を食べて、

真っ直ぐで信号の少ない県道80号の浅間サンラインを通って軽井沢までスーッと到着。

本日の宿泊は中軽井沢なのですが、まだ時間があるので、碓氷峠を下って「めがね橋」へ行きます。

 

そして今夜も又、素泊まりなので食料調達へ、ちょっと先の「おぎのや」で「峠の釜めし」をゲット!

釜めし屋さんには頭文字Dの車がありました。自分は豆腐屋さんのトレノしか知りませんが(笑)

 

きつい登りは懲りたのでバイパス経由で軽井沢に戻り宿へ向かいます。

しかし、さすがに軽井沢、さすがにお盆休みですね、通りは車で溢れてます。

そんな中を縫うようにして辿りついたのが本日のお宿「くつかけ」です。

 

今回軽井沢に泊まるのが位置的に一番都合が良かったのですが、なにしろ高級避暑地でお盆休み中。

なんとか安い部屋を見つけて予約しておきました。

ドミトリータイプで10人の相部屋、

仕切りのついた2段ベットが、カプセルホテルのような、寮のような、

まっ、これはコレで面白いです。

そして今日は、風呂に入って釜めし食べたら、速攻寝てしまいました(笑)

カブで信濃ツーリング3日目(観光編)へつづく