SSTR2019 2泊目 ライダーハウス・ロッジ モーティブ 編

前回までのあらすじ

SSTR会場の千里浜を出発して、飛騨高山から安房峠道路を通って松本に抜け、

ビーナスラインの途中でガソリンがリザーブになりながらも、何とか「ロッジモーティブ」に到着する事ができました。

*「SSTR2019 2日目 飛騨高山~ビーナスライン 編」参照

道に面した駐輪場はバイク専用で、しかも屋根付きです。

優しい笑顔のご主人に出迎えられながら、階段を上がって、中へ入ります。

入口にはヘルメット置き場と雨具置き場があります。流石ライダーの為の宿ですね。

玄関の入口でチェックインをして、

まずは部屋に案内してもらいます。

2階に上がって、廊下を真っ直ぐ行った突き当り、

とっても明るい角部屋に案内してもらいました。

自分はライダーハウスに泊まるのは初めてでしたが、

こちらは個室なので余り緊張しなくてすみました。

ちなみに、洗面所とトイレは共同になります。

取りあえず、お風呂に入りたかったので、1階へ。

大きな窓の食堂兼リビングの奥がお風呂場で、脱いだスリッパが入浴中のサインだそうです。(ナルホド)

ウディ感満載のこのお風呂はご主人の手作りだそうです。

基礎からしっかり作り上げたそうです。

凄いですね!

常に新しいお湯が注がれていて実に快適です。

風呂上がりにはちょっとふらっと外を散歩したりしてみました。

食事は19時ごろから随時と言う事だったので、そのころ食堂へいくと、

はーい、こちらが今夜の夕食のハンバーグ定食(800円・要予約)デザートも付きます。

近くに食堂やお店がないので、「宿に着けば食事があるという安心感を提供しています」という事ですが、

確かにそれは有り難いです。

自分は松本市のコンビニで買ってきたビールと一緒に、美味しく頂きました。

ちなみに、持ち込みは大歓迎という事で、冷蔵庫も貸してもらえます。

そして、こちらの宿の一番の魅力は、食事を取りながら、バイク好きでツーリングに詳しいご主人や、他の宿泊客の方といろいろと話ができる事ですね。

自分が泊まった時は、やはりSSTR帰りのアドベンチャーツアラーの4人組の方とソロツーリングが好きなメカニックのライダーさんの5人だけ(自分を入れると宿泊者は6人)でした。

いろんな絶景ルートの話や北海道、四国などのツーリングの話など、面白い話を沢山聞く事ができました。

自分もせっかく高速に乗れるバイクを買ったので、日本中いろいろ行ってみたくなりました。

学生時代に自転車で旅したように♪

そんな話で盛り上がりつつ、23時には就寝。

翌朝、

「今日はガソリンを満タンにして、がんがんビーナスラインを走るぞ!」の意気込みと共に起床。

リビングスペースで少しくつろいだ後、

7時に朝食(400円・要予約)6時45分から下へ降りてきた順番での提供だそうです。

自分が一番早かったので、ご主人と今日のルートなんかを話しながら頂きました。

チェックアウト(宿泊代3700円+夕食代800円+朝食代400円:合計4900円)をして、

眩い朝日の中、

身支度を調えて、出発です♪

朝食中のアドベンチャーライダーさん達に挨拶して、

ご主人とソロツーリングが好きなメカニックライダーさんに見送ってもらいました。

行って来まーす!

緩い下り坂をゆっくりと下っていきます。

 

つづく

 

あっ、そうだ!

ちなみに蓼科湖方面から県道192号を登ってきた場合は、

このビラタスの丘の看板が目印になります。

ここを右に曲がって、

この案内図で位置を確認したら、

そのまま、この緩い登り坂を登っていけば、

「一人旅の一見さんに優しく、ライダーハウスより便利で、YHより気楽に利用できる」

ロッジ・モーティブさんにつきますよ。

今度こそ、

SSTR2019 3日目 ビーナスライン~パノラマライン編」へつづく

 

総集編は「SSTR2019 ブログ記事まとめ」をご覧ください。

 



0