第2回ホロルスーパーカブミーティング カブツーリング・茨城

8月25日に茨城県城里町の「ホロルの湯」というところで、

スーパーカブのミーティングがあるというので行ってきました。

特に事前のエントリーとかはなく、

現地についたら、誘導に従ってカブプロを駐車場に停めてから、

オレンジのテントで記帳をして受付をします。

参加賞はオリジナルステッカーと「ホロルの湯」の特別割引入場券でした。

今回のカブミーティングの特徴は、

なんといっても有名な「水戸藩カブ」が観られる事ですね。

「水戸藩カブ」とは御前山に本拠地を持つ、OHVを中心としたカブ乗りの方のグループです。

80歳を超えられた阿久津 尚氏を代表に、

毎年スーパーカブで「24時間1000㎞耐久チャレンジ」や「日の出日の入りラン」などのハードなイベントを行っていて、

以前読んだ「世田谷ベース35 所さんのスーパーカブ」でも、

「ディープすぎるカブ倶楽部」として紹介されてました。

今年1月の読売新聞でも紹介されていて、その記事が会場に展示されてました。

ちなみに、「水戸藩カブ」が行っている「24時間1000㎞耐久チャレンジ」とは、

毎年7月最終土曜日に開催されていて、

参加できる車種はホンダOHVのC100系のみ、

コースは「ツインリンクもてぎ」を出発し、前橋、信州、高山を抜けて日本海側に出て、富山、新潟の上越から十日町、福島の会津若松、白河を通って「ツインリンクもてぎ」に戻ってくるというものです。

その過酷なチャレンジに参加した車両がずらっと並んでます。

希少なモデルのC100系で、徹底的に走り抜いているところが凄いです💦

また、会場に来られた方のバイクを観させてもらうのもミーティングならではですね。

ホロルの湯の「第5回夏祭り」との同時開催という事もあってか、

カブ系以外の迫力満点のこんな車両も多数来られてました。

さて、このイベントが行われている「ホロルの湯」ですが、いわゆる城里町の温泉施設ですね。

建物の中に入ると右手に温泉の入口があって、

左手にお土産コーナーがあったりします。

その一番奥にレストランがあって、

ここで出している「藤井川ダムカレー」がめずらしかったので食べてみました。

オープンが11時なので、ちょっと待って店内へ、

迷わず「藤井川ダムカレー」を注文します。(税込み850円)

はい、こちらになります。

とっ、何やらお子様ランチの様にも見えますが、

ダムカレーとは、ダムの堤体をご飯で見立て、カレーのルーがダムの貯水池を表してます。

ちなみに「藤井川ダムカレー」の真ん中の煮たまごは「ホロルの湯」を表しているそうです。

そう、すぐ近くにこのダムがあるんですね。

お皿も「藤井川ダムカレー」用の特注品だそうです。

さて、このダムカレーのご飯の中には2本のウインナーが入っていて、

これを抜くと、なんとカレーがダム(ご飯)から放流されるんです、

これは楽しい(笑)

全国には沢山のオリジナル・ダムカレーがあるみたいです。

 

帰りは藤井川ダムをチラッと見た後、

気分だけは「水戸藩カブ」気取りで、

大きく遠回りしながら帰ってきました♪

 

 

0