タイマーIC555の無安定動作モード 電子工作入門

いつものように、武蔵野電波さんのブレッドボードを使った電子工作の本、

ブレッドボーダーズ」に基づいて、電子工作をやってみました。


武蔵野電波のブレッドボーダーズ―誰でも作れる!遊べる電子工作

今回は、タイマーIC555という長い歴史を持っているというICチップを使った工作です。

この555には2つのモードがあるそうで、

ひとつは「単安定動作モード」という時間を一度だけ測れるモード、

もう一つが「無安定動作モード」といって、


無安定マルチバイブレータ回路」のようにオンとオフを繰り返すモードだそうです。

このモードを使って、LEDやブザーを動かします。

本に沿って、まずはLEDをチカチカさせる回路から作ります。

回路図はもちろん、実体配線図や部品表が書いてあるので、

ただ配線を間違えないように部品をブレッドボードに挿すだけの作業ですが、

やはり完成すると嬉しいです(笑)

はじめは堅い単線のワイヤーを使ってましたが、IC端子間の接続など、少しキツイところがあったので、今回はヨリ線のジャンプワイヤを多用しました。

ちゃんとチカチカしています。

次にLEDを取り外して、

圧電ブザーを取り付けます。

抵抗の一部に半固定抵抗器を付けています。

コードの向こうの青い四角の部品なのですが、上部の溝を精密ドライバーなどで廻す事により、抵抗値を変える事ができます。

LEDだと点滅の速度が変わるのですが、

圧電ブザーだと、どうなるかというと、

こうなります!

さらに、抵抗値やコンデンサーを変更して、この周波数を変えられるみたいです。

計算式とかデーターシートへのアクセス・アドレスとかも載っていて、

計算して実際値と比較して楽しむみたいな事ができるんですね。奥が深いです。

最後に、LEDバージョンと圧電ブザーバージョンの2つの回路を作ってつなげました。

LEDのチカチカとブザーの音を連動させる事ができます。

まだ、まだ、この本にはいろんな面白そうな作例が載っています。

AMラジオやスピーカー、残像表示装置とか。

テスターやハンダ付け、マイコンについても書かれてます。

そちらの方も、おいおい、機会があったらやってみたいと思います。

*先日ついに「はんだこて」を買いました

この本で電子工作の楽しさをいろいろ教えてもらいました。

これからも基本的な回路をいろいろ学びながら、電子工作の知識や経験を増やしていけたらと思います。

武蔵野電波のブレッドボーダーズ―誰でも作れる!遊べる電子工作

 

この本に基づいて自分がやってみた電子工作の記事一覧です。

初めての電子工作をブレッドボードでやってみまさいた。 電子工作入門

7セグメントLEDを使ってみました。 電子工作入門」

7セグメントLEDにディップスイッチをつけてみました 電子工作入門