新千葉ビアホール

久々に電車で訪れたJR千葉駅は随分と綺麗になっていて、土曜日の夕方と言う事もあって人々で溢れていた。

新しい駅ビル効果なのか改札口周辺を中心に大都会の華やぎが感じられる。

今日は飲み会なので電車なのだが、カブ通勤で滅多に人混みに行かない自分にとってはこの喧噪は少し苦手ではある。

さて、駅を抜けて西口に出ると、なぜかビルの裏側がむき出しになったような空虚な風景を目にする。

近代的な駅ビルと古い建物の間を徐々に下がっていくと、立体駐車場の角にこの不思議な看板が現れる。

かなり怪しい、さらにお店は地下で入り口から中を覗くとこの先に一体何が待ち構えているのだろという気持ちになる。

ビアホールと聞いて自分がイメージするのは、やはり「銀座のライオン」とかなのだが、

う~ん、これはちょっと違うぞ…

いや、かなり違う…

 

迷い込んだ先は旧き良き50年代のアメリカ、それともバブル全盛期80年代の東京、そこに自分は階段を降りてタイムスリップしてしまったのか(笑)

聞けばここは元ライブハウスと言う事で、なのでステージや大型スクリーンが置いてあったりする訳で。

でも、ランチタイムは山形牛を一頭買いしている為、「山形牛ローストビーフ丼」が有名だったりとか。

まっ、アメリカでも、山形でも、バブルでも、ライブハウスでも、

ビアホールなんだから、まずは、ビールでしょ、生ジョッキでしょう!

と、飲み放題メニューをみると、

なんか単純に生ジョッキとかじゃなくて、いろいろあって(汗)

コロナビールの小瓶とかを頼んでしまう。

これで乾杯!

ツマミはお店お勧めの「山形牛のローストビーフ」(1580円)

やっぱり、お勧めだけあって美味い!

ビールといえばの「ソーセージ盛り合わせ」(680円)とか

他にも肉系をガンガン頼んで、ガンガン食べる。

千葉県産鶏もも肉のジューシー揚げ(850円)

スパイシータコ唐揚げ(680円)

これはビールにあうなぁー!

フィッシュ&チップス(750円)

イギリス定番のファーストフードとメニューに書いてあった。

肉や揚げ物ばっかり頼んでいるけど、メニューにはちゃんとサラダやナッツ、枝豆とかもある。

飲み放題(2時間1980円)ではワインやカクテル、サワー、焼酎と幅広く飲める。

値段的には居酒屋チェーン店に比較すれば高めだが、

ちょっと変わった雰囲気と美味し料理が楽しめるのが嬉しい。

こジャレた感じの店内は彼女とのデートに使ったり、

広いフロアーの席で仲間とワイワイと盛り上がったりと、

いろんな人がいろんなシーンで利用できそうだ。

えっ、彼女も友達もいない人はどうするのかって、

うーん、

そんな人はカウンターを自分の隠れ家にしてみてはどうだろう(笑)