TL50 バイアルス レストア記録1-5 スプロケ&チェーン交換

キャブレターのオーバーホールをおこなって、なんとかエンジンはかかったので、次は駆動系の整備をしました。

チェーンと前後のスプロケの3点セットを新品に交換します。

まず後ろのスプロケ(ドリブンスプロケット)、

TL50の純正は47丁ですが、今回はエイプ50の純正パーツで46丁のモノを取り付けました。

初めTL純正の47丁をバイク屋さんに注文したら、もうなくて、代わりはコレですね、と言われて買っただけで46丁に関して深い考えはありませんでした。

ボアアップのキットもそうですが、TL50は縦型エンジンでエイプのご先祖様みたいなバイクなので、いろいろとエイプのパーツが流用できるんですね。

チェーンを取って、ブレーキアジャスターや他の部品をはずし、アクスルシャフトを抜いて、後輪をはずします。

 

センタースタンドのないTLの整備にはこの赤いメンテナンススタンドが大活躍しました。

  ジェイトリップ(J-TRIP) ナローローラースタンド本体(8-18) 赤 (50~400cc) JT-1052RD メンテナンススタンド

ここでもスナップリングが使われているので、スナップリングプライヤーで外します。

 

付いていたスプロケはなぜか47ではなく46丁でした。前オーナーさんが交換したんですかね。

前のスプロケ(ドライブスプロケット)は純正は12丁です。

 

今回は13丁のキタコのスプロケに交換しました。

新しいチェーンを用意して、取り付けました。

D.I.D(大同工業)バイク用チェーン クリップジョイント付属 420D-100RB STEEL(スチール) 二輪 オートバイ用  

ちゃんと走るかのテストも兼ねて、トコトコ走って、せっかくなので記念撮影しました。

ドライブ側は見えませんが、ドリブン側は良く見えます。

赤錆だらけだったスプロケが、キラキラ光って、気分が良いです。

さて、ここまではボアアップ前におこなった基本作業なのですが、

ボアアップ後にパワーアップしたので更にスプロケを13から14丁へ変更してます。

さらに、もう1丁上げた15丁も試したくなって、付けてみました。

ガスケットは、期間が短い事もあるでしょうが、そっと外せばそのまま使えました。

15丁はギリギリ本体に当たらない状態でした。ドライブ側に関してはこれ以上大きくする事はできないですね。

ドライブスプロケはドリブンスプロケに比べて値段がやすく、変化も大きいので、

ついつい買って試したくなってしまいました。

キタコ(KITACO) ドライブスプロケット(15T/420サイズ) NSR50/モンキー(MONKEY)/グロム(GROM)等 530-1010215

乗り味もはっきり変わって面白いです。街中主体なら最後の15-46が一番乗りやすかった様に記憶してますが、

本来のTLの持ち味を活かした、林道仕様とかで考えると又違ってくるのかなとも思います。

小さなバイクは自分の好みで、比較的安く、いろいろいじれるのが大きな魅力ですね。

特にスプロケは、「ミニ四駆」感覚で楽しめます。

 

レストア記録1-6 ハンドル周り へつづく

 



0