オドメーター・2のゾロ目 カブメンテナンス

ふと通勤の途中にオドメーターを見ると、

数字の「2」が3つ並んでいる。

十の位は「1」

あと、10㎞ちょっとでゾロ目だ。

俺は基本オドメーターのキリ番とゾロ目をSNSにアップしたいタイプの人間だ。

なぜなら何の取り柄もない俺のような人間が

てらいなくアップできる数少ないネタだからだ。

これを見た大概のバイク乗りは「イイネ」をしてくれる。

もちろん俺が他の人のアップを見た時も確実に「イイネ」をする。

「おー、知らない間に、こんなに走ったのか」

「今でも大事にこのバイクに乗り続けているんだな」

「これからもずっと乗り続けておくれ」とか、

そういう様々な感情がその画像から沸いてくる事もあって、こちらも頑張って走ろうという気持ちもあるが、ほとんどは条件反射的に黙って「イイネ」ボタンを押す。

ツーリングでピースサインをだされた時のように、暗黙のコミュニケーションとして、そう反射的に。

ただ、もしSNSがなかったらキリ番やゾロ目の写真を撮るかというとそれはNOだ。

理由は簡単で、今に近い状態で誰もそれを見れないからで、

やはり、「今」という時と同時に「複数」と言うのが魅力的なのであって、

たとえば、一緒に走っている仲間に「おい、ちょっと見てくれ」ってメーターをみせて、

仲間が「おー!」って言う感覚をネット上で多くの人と共有したいから、アップするんだろうと思う。

そんな訳でなんとか写真を撮りたいのだが…

会社に着くまでにゾロ目になるだろうか、

メーターをチラチラみながら、進んで行く。

フィニッシュはドンドン近づいてくる。

もう間もなくというところ、俺は恐ろしい事に気がついた。

この後かなり長いトンネルがある。

もしトンネル内でゾロ目になったら撮影は不可能だ。

涙を呑んで只々メーターの回転を見送るしかない、

絶好の機会を見送り、次はキリ番の3万㎞まで寡黙に走り続けるしかないのか。

トンネルに突入!

いつもの数倍の早さでメーターが回っているように感じる。

頭のどこかで撮れなかった時の言い訳を考え始める。

もうダメかと思った時、

出口が見えた。

白い部分の数字が0から1、

そして…

うわぁ!

 

抜けた!

急いで左に寄って、撮影。

まさにぎりぎりで間に合った。

フー、

これが撮りたかった画像だが、

よく見ると6つの数字が,

笑ってる…

「ふっ、ふっ、ふっ、ふっ、ふっ、ふっ」

 



 

 

0