ソロキャン用ソフトクーラー・レビュー サーモス ソフトクーラー5L

ソロでのキャンプ用品を少しずつですが揃えてます。

今回は食品や飲み物を冷やしておく為のクーラーです。

現在家にあるオートキャンプ用や釣り用のモノでは、大きすぎるので、

あらたに探してみました。

条件としては、

・コンパクトで

・必要な食材と飲み物が入って、

・ちゃんとした保冷力がある

想定としては、一泊二日のソロキャンプに対応できるモノ。

あと、やはりコスパの良いモノがいいですね。

他にもいろいろ揃えないといけないので💦

そんな条件で、いろいろググって、最終的に決めたのが、こちら。

サーモスの「ソフトクーラー5L」と

ロゴスの「倍速凍結 氷点下パックM」です。

なぜ、この保冷剤かというと、

いろいろグラフの説明があって、

保冷剤としての機能が高そうだ(笑)という事もあるのですが、

このソフトクーラーの上ぶた裏にある「メッシュポケット」、

ここのポケットに、

この「ロゴスの保冷剤」がピッタリ収まるようになってます。

という事で、同時購入しました。

最初に保冷剤の位置が決まっていれば、食材を詰め込んだ後に保冷剤が入らないという失敗もなくなりますね。

それでは、本体、「サーモス・ソフトクーラー5L」の方を細かくみていきましょう。

パッケージングはこんな感じ。

袋から出した状態。

未使用の時はとてもコンパクになります。

本体と一体の「赤白紺のゴムバンド」を後ろにまわして、

マチを広げれば、このカタチに簡単になります。

中は汚れを拭き取りやすい、

ツルツルの生地になってます。

保冷機能も内部の「5層断熱構造」でバッチリみたいです。

確かに触ってみると5層の厚みを感じます。

側面に収まっていた、黒い底板をしいて、

カタチを決めます。

次は外周りです。

サイドポケットから、「ショルダーストラップ」をだして、

反対側のフックに引っ掛けます。

上部には、ちょっとした移動に助かる持ち手「ハンドル」がついてます。

前面には箸などを入れておくのに便利な「ファスナー付フロントポケット」。

底には、本体をスレからまもる「底びょう」がしっかり付いてます。

次は、じゃ、ここにどれくらい入るのか、

という収納面について、

実際に入れてみました。

表記上は、

350㎖缶が縦に6缶、

500㎖のペットボトルが横に4本、

余裕で入ります。

でも、頑張ったら、350㎖缶8本が、なんとか入っちゃいました(笑)

ちなみに、

500㎖のロング缶を横に置くと、丁度350㎖を縦置きできるスペースができます。

まっ、冷えたお酒をどの位飲むかにもよりますが、

食材のスペースもしっかり確保しないといけないですよね(笑)

という事で、

サーモスの「ソフトクーラー5L」の開封レビューでした。

色はブルー以外にブラックもあります。

今後、実践投入しましたら、随時、追記レビューさせて頂きます。

 







0